トップページ
内装・外観
インプラントとは
安全性について
カウンセリング
簡易診断チャート
治療の流れ
訪問歯科診療のご案内
かかりつけ歯科医機能
強化型歯科診療所とは
レントゲン
レーザー
スマートデンチャー
CT
口腔内カメラ
院長あいさつ
スタッフ紹介
医院紹介
花みずき集
患者さんのギャラリー
問診票
上の「問診票」という文字を
クリックし、表示された問診票をプリントアウトし、ご記入
頂いた上でお持ち頂くと
診察が早く終わります。
facebookページ
木下歯科医院のfacebook
ページは上のバナーを
クリックすると表示されます。
QRコード
QRコードを携帯のバーコード
読み取り機能で読んで頂くと、
当医院の携帯ホームページが
表示されます。

平成28年6月1日より木下歯科医院は、厚生労働省より
「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の指定をうけました。
厚生労働省が新たに定めた施設基準のひとつで、むし歯や歯周病の
重症化予防のための画期的な新制度です。
日本の保険医療制度を定めている中央社会保険医療協議会より
1)50歳以上の人の約半数が歯周病によって抜歯している
2)不定期に通院している人ほど抜歯の本数が多い
3)定期来院している人々は新しいむし歯の発症が少ない

という報告がありました。
これを受けて厚生労働省は、これまでの
「単に削って詰める、かぶせる治療。予防はその後」のような治療優先型の歯科医療の在り方を改め、
むし歯や歯周病で歯を失わないための継続的な検査やメンテナンスを
しっかり行うことが出来る歯科診療所の要件を定め、2016年4月より
運用を開始しています。具体的には、
1) むし歯の重症化予防
初期う蝕(軽度のむし歯)に対するフッ素塗布をはじめとした予防処置
2) 歯周病の重症化予防
歯周病の症状を安定させるための定期的な歯石除去、歯ブラシ指導等の処置
3) 口腔機能低下の重症化予防
訪問診療時の食物を食べる、飲み込む等の口腔機能低下を予防する処置
4) 他の医療機関、介護施設等との連携
地域の他の医療機関、介護施設等の関連機関と連携し、必要に応じて適切な歯科医療サービスを提供できる
の4項目について適切且つ必要な歯科医療を保険診療で提供できる
歯科診療所を認定し、口腔機能の維持改善により国民の健康寿命の延伸と
QOL(生活の質)の改善を図ることを目的としています。
1) 歯科外来診療の安全対策に係る研修を受けている常勤の歯科医師が
いること
2) 高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けている常勤の歯科医師が
いること
3) 予防やメンテナンスができる常勤の歯科衛生士が勤務していること
4) 在宅医療を行う医科医療機関や緊急時に連携している介護・福祉
関係者
・保険医療機関があること
5) 緊急時に対応できる設備・器具(AED、救急蘇生薬剤など)・体制が
用意されていること
6) 滅菌、感染防止に必要な設備を完備していること
7) 訪問歯科診療を継続的に行ってきた経験があること
など、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している場合に認定されます。

一般歯科 小児歯科 木下歯科医院 小松島市中田町土持21-28 TEL:0885-33-0067
Copyright(c)2010 Kinoshita Dental Clinic. All Rights Reserved.